インプラント画像

インプラントのメリット・デメリット

以前と比べ、ごく一般的な治療法のひとつとなったインプラント。
値段は依然として高いままであるが、技術の進歩により、施術時間が短縮され、気軽にできるようになったことで、認知度も上がり、やむを得ない事情で抜歯したり、加齢で歯が抜けたりした人たちが、以前のように噛める、本来の自分の歯の代わりを手軽に手に入れることが出来るようになった。
あごの骨に穴をあけ、金属を埋め込むという手術が必要なため、きちんとした技術を持たないとあごの神経を傷つけ麻痺を引き起こしてしまったり、細菌が骨に侵入することで感染症を引き起こしたりという事故も過去にはあったようだが、昨今ではそのような危険性はほぼないようだ。
しかしながら、どのような病気でもそうだが、治療や手術に対してきちんんとした技術を持った医師であるかどうか、自分で入念に調べ、検討する必要がある。
インプラントは儲かるからと、きちんとした技術がないのに施術する歯科医も少なくないそうだ。
しかも、あごの骨を削るので一度失敗したら二度は出来ないという大きなリスクもある。
歯が欠損した部分に、見た目も性能も本来の自分の歯と同じようなものが入るというのは大変うれしくありがたいことであるが、まず、何よりも問題なのが、インプラントは高いということだ。
入れ歯は健康保険で作れるが、インプラントは保険適用外なので、平均で一本20万円ほどかかってしまう。
また、以前のように物を噛むことが出来るようにするには、埋め込んだ金属がきちんと骨と結合するのを待たねばならないので時間がかかる。
だいたい手術してから二か月は様子を見ながら待たねばならない。
そうしてようやく白い歯の形をした上物が入るのだ。
その後も何年も定期的なメンテナンスが続く。
見た目は元の自分の歯と変わらず、入れ歯と違ってしっかりと噛むことが出来るので、若くして歯が欠損してしまった人にはとても有用な治療法であるかもしれない。
しかし、値段の問題、あごの骨を削るという手術のリスク、定期的なメンテナンスに通うことが出来るのかという問題。
一本20万円という高額なインプラント。
メリットとデメリットをよく見極めて、後悔しない選択をしなければならない。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.