インプラント画像

インプラント治療の優れた安全性

現在、インプラント治療は最も優れた欠損歯の治療法として多くの患者様から受け入れられています。
この治療方法は一般的な虫歯や歯周病といった歯科医院での処置とは大きく異なり、外科的な手術を必要とするものです。
この治療法では顎の骨に人工歯根を埋め込む事が必要になるため、高度な技術と最新の設備が必要になります。
私は虫歯で失った歯の治療で、このインプラント治療を選びました。
その大きな理由にこの治療法の優れた安全性があります。
ここではインプラント治療の優れた安全性についてお話致します。
先ず最初に、インプラント治療の手術では局所麻酔が用いられます。
各歯科医院の治療法により、異なる麻酔も併用して全く痛みを感じずに手術を受けることも可能です。
その為、私の場合も手術中は痛みを感じることはありませんでした。
又、術後の痛みも無く、安全性の高い治療法である事を実感しました。
次に、この治療で用いられる人工歯根は、骨折した際にも用いられるボルトと同じ素材が使用されています。
その為、安全性も高く、金属に対するアレルギー症状なども起こりにくく、安全性の高い治療方法となっています。
その為、インプラント治療を受けた後の歯科医院でのメンテナンスを定期的に受けるのであれば、長期的に歯としての機能を維持することも可能で、耐久性に優れた安全性の高い治療方法となっています。
更に、この治療法ではより安全に手術を行うために、歯の周りの骨の状態を知る手段として最新の医療機器が用いられます。
具体的には、この治療法ではCT画像が用いられ、顎の骨の形態や、神経や血管の位置を把握して安全性の高い手術が行なわれます。
又、骨密度の検査も入念に行われ、治療後にも人工歯根部分の撮影を行うことで顎の骨の状態や噛み合わせの状態を確認します。
このような安全性の高い治療法や事前の検査が用いられ人工歯根が埋め込まれる為に、私は安心してこの治療を受ける事が出来ました。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.