インプラント画像

インプラント治療の必要性についての基礎知識

近年、インプラント治療は欠損歯を補う事の出来る最も効果的な治療法として定着しています。
この治療法は失った歯を治療するために、顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込むものです。
この歯根の代わりとなる、チタン製の部品の上に人工の歯を取りつけ治療します。
その為、欠損歯の治療であるブリッジや部分入れ歯に比べ、安定感のある歯の土台をつくり出すことができ、他の健康な歯へ負担をかけることなく安全な治療ができます。
私は外傷による欠損歯の治療を行う事が必要で治療法の選択が必要でしたが、この安定性のある優れた治療法に魅力を感じ、このインプラント治療を受ける事を決めました。
欠損歯を長期間放置してしまう事で、大きな問題に繋がる事もある為に、欠損歯を早期に治療する事は非常に重要なものとなります。
ここではインプラント治療の必要性についての基礎知識についてお話致します。
先ず最初に、歯を失ってそのまま放置してしまうと、歯の間にスペースが出来てしまい噛む力が低下してしまいます。
その為、歯垢が溜まって虫歯になりやすい環境がつくられてしまうのです。
私の場合も欠損歯を放置した為に、口腔内の衛生環境が良好に保てず、虫歯になりやすい状況でした。
又、欠損歯を放置してしまう事で、欠損歯と噛み合う反対側の歯がないために、対になっている歯が伸びてきてしまいます。
更に、失った歯の両隣の歯が移動してしまい、歯列に狂いが生じてしまいます。
私の場合も歯列の乱れがみられ、早期に欠損歯を補う治療が必要な状態でした。
そして、長期間このような歯列の状態を放置してしまった場合には、大きく噛み合わせがずれ、欠損歯の数が多い場合には、特定の歯でばかり噛んでしまうために噛み合わせのバランスが崩れます。
この噛み合わせの問題は、肩こりや身体のゆがみの原因ともなります。
その為、私は最も理想的な欠損歯を補う方法であるインプラント治療を選択して、欠損歯の問題を改善しました。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.