インプラント画像

インプラント治療のメンテナンスの重要性

私は虫歯で失ってしまった欠損歯を補う方法としてインプラント治療を選びました。
このインプラント治療の成功率は非常に高く、適切な治療方法でメインテナンスを行えば、長期的に天然歯と同等の機能を保ち使い続けることが出来ます。
しかしながら、患者様の中には適切なメインテナンスを受けない為に、人工歯根にトラブルが起きてしまう方もいらっしゃいます。
私の場合は、歯科医院での治療後の定期的なメンテナンスを受けている為に、人工歯根に何ら問題はありませんが、メンテナンスを行なわず放っておくと、様々なトラブルの原因となる可能性があるのです。
ここではインプラント治療のメンテナンスの重要性についてお話致します。
先ず最初に、この治療で用いられる人工歯根はチタンを使ったものです。
その為、耐久性が高く虫歯にならないからと、手術後に長期間放っておいてしまう患者様がいらっしゃいます。
このチタン製のインプラントが虫歯になることはありませんが、口腔内の衛生環境が悪く磨き残しが多くあった場合は、細菌が繁殖してしまい、人工歯根の周りの骨や歯茎が炎症を起こしてしまいます。
このような炎症が起こると、人工歯根が抜け落ちてしまうことがあるのです。
そして、歯科医院での定期的なメインテナンスを怠ると、かみ合わせの調整が行なわれない為に、人工歯根に大きな負担がかかり抜け落ちてしまう事もあります。
その為、人工歯根にぐらつきがある場合や、割れている場合、ひびが入っている場合などは、歯科医院で早急に適切な対応をしてもらう事が必要になります。
特に、インプラント治療後に長期間メインテナンスを受けていない方は、このような事態を避けるために、早期にメンテナンスを受ける事が必要になります。
私はこのようなトラブルを避ける為に、3ヶ月に一回程度の間隔で歯科医院を受診しています。
このようにインプラント治療のメンテナンスの重要性には、このようなポイントがあります。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.