インプラント画像

欠損歯を補うインプラント治療の体験記

以前に、私は虫歯や交通事故の外傷などにより、複数の歯を失った経験があります。
この失ってしまった歯の治療法として選択したのがインプラント治療です。
この治療方法では失った歯の部分で、人工歯根を埋め入れる本数や治療法が異なってきます。
予めインプラント治療における同じような症例を参照しておく事で、より安心してこの治療を受ける事が出来ます。
ここでは欠損歯を補うインプラント治療の体験記についてお話致します。
先ず最初に、私は下の奥の歯が虫歯で1本欠損した際に、この人工歯根を用いる治療法で欠損歯を補いました。
この時の治療では、奥の歯でしたので食事の際に噛む事にそれ程不自由することはありませんでした。
しかしながら、そのまま放置してしまう事は、対になっている歯が次第に伸びて出てきてしまい、歯肉を圧迫し痛みを伴う事になります。
このようなケースでは対の歯を削る必要性が出てくる場合が多く、抜歯する必要性もあります。
その為、私は人工歯根を埋め込むこの治療法を選択しました。
この治療法では顎の骨が正常な状態で、厚みと高さが十分にあれば、1本からの手術も可能となっており、比較的容易にこの治療を受ける事が出来ます。
又、私の場合は欠損歯が下顎であったために、人工歯根の埋め入れが簡単で、太くて長い人工歯根を適用して治療をしてもらいました。
次に、私は奥歯を連続で2本失ったために、この人工歯根を用いる治療法を選択しました。
この場合は、2本の人工歯根を埋め込む手術が必要となります。
私の場合は下顎の歯であったために、比較的容易にこの治療を受ける事が出来ました。
この部位の治療の際には、専門の医療機器で顎の骨を削らない方法を用いて手術を受け、前回よりも短時間で闖pを終了する事が出来ました。
そのため、身体へ掛かる負担も少なく、ダメージを低減しての治療となりました。
このように私は欠損歯を補うインプラント治療で、このような体験をしました。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.