インプラント画像

インプラントの術式についての説明と経験談

インプラントの術式には1回法と2回法の二つの術式があります。
一回法は台座を顎の骨に固定して、そのまま台座の頭を歯茎の上に出しておき、骨と台座が定着したところで、人口歯をとりつけて終了とする一回だけの手術方法です。
2回法は、この台座を一旦顎の骨に取り付けてから歯茎の中に埋めて定着化をはかり、数ヶ月経って安定してから再度上部を取り出す手術をして、その後さらに経過を見た上で人工歯を取り付けていくという方法です。
私の場合は奥歯一本だけインプラントにしたものですから、医師からも進められて一回法で手術を行ってもらいました。
しかも割れてしまった元の歯を抜く作業も一緒におこない、空いた穴の部分に台座を入れる施術も一回で行ってもらいましたので、時間はかかりましたが、すべてのことが一回だけの手術で終えることができて、結果としては負担が非常に少なくて済みました。
やはり歯茎を切開していろいろなことをするというのはかなり精神的にも肉体的にもダメージがありますし、口内ですから黴菌が入るといったリスクもあり、結構ストレスになるものですから、一度だけの手術で台座を取り付けて後は血がでるようなことは一切しないで済むというのはかなり助かるものでした。
台座はとりつけてからほぼ3ヶ月ちょっと安定するまでに時間がかかりますが、最近では仮歯も装着することができるので比較的早い時期からとりあえず歯としての最低限の機能を発揮するようにもなってきています。
したがって一回法のほうがかなり、患者に負担が少なく、しかも便益性の高い術式ではないかと思っています。
とくに下顎の歯で一本だけの場合には、一回法のほうが成功率が高いといったデータも見せていただきました。
しっかり固定されて定着すれば、ほとんど自分の歯と同じように利用できるのがインプラントのいいところですから、リスクの少ない施術をして、確実な成功ができるようにしていきたいものです。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.