インプラント画像

インプラントにするための治療の流れ

インプラントの手術は予想以上に簡単に終わる事が出来るのですが、入れ歯の場合は装着に違和感を感じてしまう事や色々と生活に不安を感じてしまう事もあるのでインプラントにする方がとても増えています。
最近では多くの歯科医院で手術が行われているのですが、第2の歯とも言われるほど違和感なく快適な生活が出来るようになります。
そのインプラントの治療の流れなのですが、最初に細かい検査が行われて骨の状態をチェックしてもらいます。
まれに骨が痩せてしまっている場合は人工の歯根が埋められない事があるのでその場合はまず骨を増やす施術が行われます。
少し期間はかかるのですが、最終的にはしっかり歯根が埋められるようになるので不安に思わなくても大丈夫です。
そして手術が可能な場合は予約を取って手術を行うのですが、インプラントの手術は少し時間がかかるので歯科医院もかなりの時間を取ってくれています。
急なキャンセルが無いようにしっかり体調の管理を行っておく事が大事です。
そして服装なのですが、血が飛び散ってしまう事もあるので汚れても良いような服装で出かけることや女性の場合は顔色が分かるようにメイクは控えておく事をオススメします。
そして実際の治療の流れなのですが、痛みに弱い方の場合でもかなり麻酔がしっかり施されるので手術自体に痛みを感じる心配はかなり少ないです。
しっかり効いているかの確認もしてくれるので痛みを不安に思う事無く無事に終わります。
インプラントを埋め込む際は歯茎を切ったり骨を削る処置が行われるのですが、その際は感覚的には分かるのですがはっきりした痛みを感じる事は無いです。
また生理食塩水が口の中に入ってくるのですが、人によってはしょっぱく感じたり苦味を感じる事はあっても手術には必要なものなので気にしない事も大事です。
そして人工の歯根が埋められたら手術は完了なのですが、当日からしばらくは歯茎が腫れている事もあるのですが、柔らかいものは食べられます。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.