インプラント画像

インプラントの治療期間について

歯の治療法の一つである、インプラントの治療期間について、簡単に説明させていただきます。
インプラントとは、人工の歯根を顎の骨に埋め込んで、その上に人工の歯を取りつける治療法です。
インプラントの治療期間は数ヶ月から1年程度掛かるようになっています。
その理由としては、顎の骨に埋め込んだ部品が、骨としっかりと結合するのを待つ期間が必要となるからです。
手術によって顎の骨を埋め込んでそれが結合するまでに必要となる期間は、埋め込んだ部位や、個人差によって変わってきます。
私の場合は、下顎の方であったため、約4カ月の期間が必要となりました。
上顎の骨の方が、下顎の骨よりも軟らかいことから、もし上顎の方であった場合は更に長い期間が必要になっていました。
結合してからはすぐに人工の歯を装着することができたため、その後は全ての歯が揃うことになりました。
結合するまでの間は歯がない状態になってしまいます。
私の場合は外から見える位置ではなかったため、約4カ月の間はそのままにしていましたが、人によっては外から見えてしまう位置であった場合、この期間は仮の歯を入れることができるようにもなっています。
必要に応じて仮の歯を入れることができるため、人に歯がない状態を見られる可能性が高く、それが不快である人は仮の歯を入れることをお勧めします。
特に治療期間が長い人はそれだけ人に見られてしまう機会が多くなってしまうということもあり得ます。
そのため、仮の歯を入れることができるのであれば、必要ないと思っている人でも入れておくことをお勧めします。
なお、インプラントは治療が終わってからも、口の中の衛生状態を良い状態に保つことによって長持ちをさせるようにしていくことが重要となります。
そのため、歯科医院での適切な歯磨きの説明を受けることができました。
歯科医院によっても頻度が違いますが、定期的なメンテナンスを受ける必要もありますので、しっかりとアフターフォローも充実させていくことが重要です。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.