インプラント画像

奥歯にインプラントを入れてみました

左の下の奥歯が割れてしまい、歯科医からブリッジにするかインプラントにするかを聞かれましたが、インプラントが非常にレベルが高く、ほかの歯に負担をかけないということから、一本単独でインプラント手術を行ってもらいました。
事前に割れた歯の段階で、型をとってもらい、抜歯のときにその後に入れる台座を用意してもらって、抜歯と台座の埋め込みを一回の手術で行う、いわゆうる一回法による施術をおこなってもらいました。
流石に抜歯は痛かったですが、歯を抜いた穴がふさがる前にインプラントの台座を入れて、縫合し、周辺に骨をサポートする物質を埋め込んで安定するまで待つという出術のやり方でした。
結果抜歯、台座の埋め込みからセラミックの歯を入れるまで3ヶ月半近い猶予期間があり、その間週に一度程度、術後の状況を歯医者さんに見せにいくという地道な作業がはじまりました。
その間、歯医者さんからとにかく注意されたのは歯周病にならないようにしっかり、うがいをしてマウスウォッシュなどで口内の除菌を行うことで、その甲斐あってなんとか無事にセラミックの義歯を入れることができました。
実際に入れて見ますと、ほとんど自分の歯のようにしっかりしており、特に硬いものが何でもかめるのにはびっくりしました。
ある意味では元の自分の歯よりもしっかりしたのではないかと思うほどで、治療も両隣の歯にはまったく影響を及ぼさないで修復ができるため、非常に安心して利用できる歯の治療であると感心させられました。
既に3年近くの時が経っていますが、たまにチェックをしてもらうために担当医のところに見せにいっていますが、それ以外は歯周病にならないように朝晩歯を磨いてうがいをきちんとすることを実践することで、非常にいいコンディションを保つことができています。
特に下の奥歯はインプラントにも向いているようなので、本当に施術をしてよかったと思っています。
これからも長く使い続けていきたいと考えています。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.