インプラント画像

インプラントは抜歯後すぐに台座を入れるのがトレンド

少し前まではインプラント手術というのは、元の歯を抜いてからは穴が埋まって安定化して落ち着いたところで、あらためて顎の骨にインプラントの台座を埋め込む手術をするというのが定石になっていましたが、最近の研究では、一定の条件が守られれば、抜歯と同時にインプラントを埋め込みしても良好な結果が得られることがわかり、こちらの方法が主流になって着ているのです。
ということで3年前に奥歯が割れてしまいインプラントにするための手術を受けた際に、私は抜歯と台座の埋め込みを一回の手術で同時に行ってもらいました。
抜歯自体は術後結構痛かったですが、抜歯でできた穴を利用して台座を埋め込むので骨吸収とよばれる歯茎の凹みなどがなく、治りも非常に早くなるため、この方法で行ってもらうことになったのです。
実際手術をしてもらうと、確かに抜歯で空いた穴にすぐ台座を固定するわけですから効率的で、何より二回に分けて痛い思いをすることもなかったのが大変助かりました。
私の受けたのは一回法と呼ばれる手術法で、一度台座を埋め込めば、その後は歯茎を切開するような手術は一切行いませんので、とても患者に負担の少ない手術法だと思いました。
人工歯のほうは、抜歯する前に歯型をとって作りますので自分の歯とほぼ同じ人工歯を作っておくことができ、顎の骨と台座が定着したあとで入れる人工歯も非常に自然な形で仕上てもらうことができ、とても満足しています。
実際台座を入れてから安定して、人工歯を入れるまで三ヵ月半ぐらいの時間が必要になりましたが、すべて完治してからは、本当に自分の歯のように硬いものも食べることができるようになり、非常に噛むことが楽になっています。
ある意味ではその強度は自分の歯以上ではないかと思うほどで、とくに下の奥歯にはインプラントは向いていることがわかりました。
既に術後3年を経過していますがいまも、何の問題もなく機能しており、今後も大切に使っていきたいと思っています。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.