インプラント画像

インプラント治療後におけるメンテナンスについて

インプラント治療後におけるメンテナンスについて、簡単に説明させていただきます。
インプラントとは、歯の治療方法の一つです。
簡単に言ってオまうと、人工の歯根を埋め込んで、そこに人工の歯を取りつける治療法です。
その他に入れ歯などの方法がありますが、入れ歯などのような違和感を感じることなく、自分の歯と同等の感覚で噛むことができるようになっているため、お勧めの治療法であると言えます。
入れ歯などに日々のメンテナンスが必要であるように、インプラントも治療後にメンテナンスが必要となってきます。
主に炎症などが起きていないかなどを確認したり、取りつけた人工の歯が緩くなってきていないかを確認します。
治療を受けたらそれで終わりということはなく、しっかりとメンテナンスを行っていき、不具合が起きないようにしていくことが重要になってきます。
また、インプラントの治療に掛かる費用はある程度高額であることからも、治療が無駄にならないようにメンテナンスをしっかりと受けることをお勧めします。
メンテナンスは治療後の初年度と、2年目以降によって頻度が変わってきます。
また、治療した歯科医院によっても異なる場合があり得ます。
私がインプラントの治療を受けた歯科医院の場合は、治療後の初年度は3カ月に1回の頻度で受けました。
翌年からは、1年に1回の頻度で受けるようになっています。
もちろん、その頻度は歯科医院で説明された目安であるため、その頻度以外でも少しでも不具合を感じるようであれば、その都度歯科医院にいって医師に確認をしてもらうことが必要となってきます。
既に治療を受けてから2年が経過した現在、私の場合は治療した初年度に噛み具合の調整を行った程度で、特に炎症などといった大きな不具合などは生じておらず、問題なく生活を送ることができています。
高い治療費を払って行ったものであることから、使用する私自身がしっかりとメンテナンスを受けるようにしていき、不具合の発生を未然に防止するようにしています。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.