インプラント画像

インプラントとあごの骨について

インプラントは自分の歯のなくなったところに、ほとんど歯と同じ構造の台座をあごの骨に固定して、定着化させて人工歯を上にかぶせて利用するものです。
私の場合には、自分の歯を抜いスすぐ直後に台座を埋め込むことになりましたが、あごの骨というのは、使わなくなるとだんだん細ってしまい、筋肉などと同じように退化してしまうそうなので、できるだけ歯を抜いたら、そのままに放置しておかないで、すぐにインプラントを入れたほうがあごの骨をうまく利用することができるといった説明を先生から受けました。
実際半年以上歯のない状態であごを休ませてしまいますと、かなり細ってしまうことから場合によってはインプラントを支えきれなくなってしまうといったこともあるそうで、できる事ならば、自分の歯を失ってからあまり時間の経たないうちにインプラントを入れるほうが、歯とあごの骨のためにはいいという話を聞きました。
私の場合は一回法で、自分の歯を抜く前に歯型をとっておき、折れてしまった歯を抜歯した直後に台座を歯を抜いてできた穴に埋め込み、周辺を歯の骨をサポートするような部材で埋め込んで定着化をはかる施術をしてもらいました。
その後骨と台座が定着してしっかりと固定されるまでに3ヶ月以上の時間が必要となりましたが、一回だけの手術でしっかりとした台座を固定することができ、負担も少なくて大変助かりました。
最近の方法では、台座をつけたあとにすぐ仮歯を装着することができますので、あまり硬いものは食べられませんでしたが、一応生活に支障のない形で人工歯を入れるまでの3ヶ月程度を過ごすことができました。
そして台座がしっかりとあごの骨と固定されてからは、相当硬いものでも平気で食べることができるようになりました。
この威力は想像以上であり、しっかりとした肉なども自分の歯のように噛んで行くことができるように復活することができたのです。
あごがしっかりしているうちに施術をしてもらってよかったと思いました。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.