インプラント画像

生命保険の対象になるインプラントとは

歯を失ってしまった場合に採用される治療方法として、現在最も最先端を行くのがインプラントですが、治療方法や目的には異なる部分が多く経済的な負担においても大きく異なってきます。
インプラント治療の効果は絶大なものですから、費用が高額となっても受けてみたいと思う人は多いと思いますが、高額な治療費のために二の足を踏む人もまた多いと思います。
私もインプラントのメリットを知ってから、実際に治療を受けたいと思うようになり、高額な治療費をどうにかできないかと色々調べてみたのですが、いくつかの条件が整えば生命保険の対象になることが分かりました。
まず、自由診療ですから健康法保険の適用外となるのはほとんどの人が知っていることですが、医療費控除には該当しますので確定申告を行えば還付が受けられます。
医療費控除とは、1年間に掛かった医療費が10万円以上の場合に還付を受けられる制度のことで、金額は低いですがある程度医療費の負担を軽減できると言えます。
生命保険でインプラント費用を賄う方法と言えば、先進医療かどうかと言う点と、審美目的の治療ではなく歯周病や怪我、他の病気による影響など、機能性の回復治療の場合に該当します。
条件としては先進医療特約を付けている必要があり、さらに先進医療の認定を受けた施設で行うものでなければ対象にならないのです。
一般のクリニックで行うインプラント治療は、ほとんど対象になりませんので注意が必要です。
先進医療技術としてのインプラントが生命保険の対象となると言っても、状態や施術方法によって様々なケースがありますし、保険会社によっても異なるものですから、適用範囲を確認し対象となるかどうか確認する必要があります。
私の場合は残念ながら生命保険の対象とならなかったため、生命保険を使用したインプラントをすることができませんでしたが、始めから対象にならないと諦めてしまわないで、保険会社に確認することが大切なのです。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.