インプラント画像

インプラントは保険適用外となります

インプラントの手術を3年前に行うときに、伯盾フ歯科医でいろいろと話を聞きましたが、基本的にインプラントは自由診療による施術となるため、保険適用外となります。
したがって最初の診察料以外はすべて自己負担での治療ということになります。
ここで患者にとってかなり悩ましいいのが、料金の問題です。
残念ながら歯科医によってかなり料金体系が異なり、結果として総費用が上と下とではほぼ同じ施術をしてもらっても30万違うなどということが頻発するのです。
長年デフレに苦しんできて、どんな商品についても価格比較をするのに慣れている消費者にとっては、こうした不可解な料金体系はなんとも理解しにくいものがあるのですが、一ついろいろ質問してわかったのは、総額の料金が安い医院というのは確かに技術料も安くなっているようですが、利用する部材を中国から入れていたり、国産のものではないものを使っているということです。
まあ最近ではスマートフォンからタブレットPCにいたるまで工業製品はかなりのものが中国製なので、気にしなければいいという話もあるのですが、やはり口に入れるものについてはただ安ければいいという問題でもありませんので、このあたりの部材料金が中国製で安いというのもとても気になりました。
すべては保険適用外の自由診療に起因することなのですが、とにかく納得のいく材料と診療価格で施術してくれる医院を探すために結果として私は三つの医院から事実上の事前見積もりをとって比較し、最終決定することとしました。
モニターになるということを条件にしてほぼ20万弱ほどの料金で施術してくれるところに採取的には決定したのですが、やはりこだわってよかったと思います。
中国製の部材をつかう歯科医はもっと安かったのですが、さすがにそれだけはパスすることとなり、結果選択した先生は非常にインプラントの経験も豊富でよかったと思っています。
なんでもあきらめずに細かくチェックしてみるものです。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.