インプラント画像

インプラントを行った際は医療費控除を忘れずに

インプラントは自費での治療となるため、高額な費用がかかります。
自費治療の分野ですがN間10万円以上の医療費を支払った場合にお給料から差し引かれた税金が戻ってくる医療費控除の対象となりますので、インプラントを行う際には、病院で支払いをした際の領収書を捨てずに保管しておきましょう。
医療費控除はその年の1月から12月までの期間で区切って計算されます。
年をまたいで合計することはできないので、12月までにかかった領収書を集計して10万円を超えていた場合は、まだ治療自体が継続していたとしても忘れずに手続きをして下さい。
医療費控除を受けるための手続きは領収書と年末調整の際に勤め先から交付された、源泉徴収票さえあればそれ程難しいものではありません。
税務署のホームページにある確定申告の手順に従って入力するだけで簡単にできます。
難しかったら、確定申告の期間中に税務署に直接出向けば、スタッフが親切に教えてくれます。
源泉徴収票や領収書がなければ出来ない手続きなので、それらをまずそろえることが第一です。
インプラント治療は殆どの場合10万円を超えてきますので、最初の診療のときからきちんと領収書を保管しておくようにして下さい。
インプラントに限らず医療費に関する領収書は別に保管しておくことをお勧めします。
病院の領収書はいかなる場合も再発行してもらえないと思って下さい。
特に実際に歯を装着したときの領収書は1枚だけで10万円以上の領収書が発行されることもあります。
絶対になくさないようにして下さい。
医療費控除の制度は支払った医療費が戻ってくるものではなく、あくまでもお給料から差し引かれて支払った税金が戻ってくるものです。
年末調整の際に1年間の所得税額が確定し、多く差し引かれていた税金分が戻ってきます。
その手続きは勤め先がやってくれます。
医療費控除の手続きはその確定した税金からさらに還付を受けられる制度で、その手続きは2月半ばから3月半ばの確定申告の際個人で行わなくてはいけません。
数万円の還付が受けられる場合もありますのでぜひ忘れないで行ってください。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.