インプラント画像

インプラントの体験談とその安全性について

人工歯根を顎の骨に埋め込み、そこに人口の歯を重ねることナ歯の機能を回復させるのがインプラントという方法です。
最近では入れ歯に代わる治療法として注目されており、多くのメリットがあることで様々な人たちがこの治療を受けています。
ではこのメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。
一つは、「自然である」ということです。
入れ歯を入れている人に一番多い不満が、口の中の違和感ですが、きちんと型を取り、完全オーダーメイドでどんなにきれいに入れ歯を作っても、所詮は「かぶせもの」であるため、密着感がなかったり浮いてしまうこと、またそれにより間に物が挟まり不衛生になりやすいことや、発音や発生が不自然になってしまうことなどがデメリットとして挙げられます。
その点インプラントでは、あごの骨に直接人工歯根を埋め込み、それが骨と癒着するまで待つことで、治療後はまるで元からあった自分の歯のように見た目が自然であり、噛み心地や力の入れ方に違和感がないことでストレスフリーであることや、硬いものや繊維の多いものも今までどおりに食べられること、また、ケアも通常通りの歯磨きでいいため、快適に日常生活を送ることができます。
インプラントではあごの骨に直接金具を埋め込むことで、外科的な手術が必要です。
ですが実は、外科的な手術があることで手術の安全性に不安を抱き、この治療を断念する人も多くいます。
ですが、現代では様々な研究が進んでいることや、治療をする人が増えたことにより症例数が多くなってきたことで医師の技術が向上しているため、比較的安全な治療法として認知されてきています。
人工歯根として使われる金具の素材はチタンですが、チタンという素材の耐食性の強さやその軽さは、医療の分野では大変重宝されている素材です。
アレルギーを起こす心配がほとんどないことや、生態親和性が高く骨と結合性もしやすいというメリットがあり、安全性の高い素材として大活躍しているものです。
インプラントを考えているあなたは、ぜひ参考にしてみてください。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.