インプラント画像

インプラント治療を始めるにあたって

インプラント治療を決心して、どのクリニックがいいのか調べていたのですが、最近は日本の歯科医も分業化が進みつつあるのかなと感じました、確かに日本の歯科クリニックは大半が総合的に何でもするクリニックが多く、海外のように分業が進んでいませんが、それでもインプラントを中心に行なっているところや歯周病が強いクリニックなど特色が出てきているのだとわかりました。
分業が進むことはこれから歯の治療が高度化していくにあたって良いことなので期待しています。
しかし、私の住んでいる地方の都市だと、まだまだ、中心は総合歯科クリニックであることが多く、インプラントの治療にあたっては専門医を探すのに苦労をしました。
結局、出張で定期的に大都市圏に行く機会があるので、大都市圏で評判の良い歯科クリニックを選択しましたが、地方でも専門医の診療が受けられる様になることが、これからの日本の歯の医療にとっては必要なことだと感じています。
インプラントは特に専門医が望ましく、治療の際は外科手術になるわけですから、内科の医師と外科の医師がそれぞれの役割を分担する一般的な医療体制ができることが大切だと考えます。
歯肉の中に人工の歯の基礎となるチタンなどの金属を埋め、その上に人工の歯を取り付けるわけで、医師の説明を聞いているとこれは完全に外科手術なんだなと、ちょっと虫歯の悪い部分を削って埋める作業とは大きく違うなと素人でもっわかります。
最新のデンタルCTや専用の手術室などが完備されている歯科クリニックで治療を行うことは必須だと私は判断しました。
インプラントのような大規模な外科手術をするにあたっては、本来はがんの手術などをする際と同じように、精密検査を十分に行い、正確な診断のための正確な情報を集める必要があります。
総合的な歯科クリニックでも大手のクリニックならデンタルCTなどの機器を導入して、CTのデータから正確なシミュレートを行うためのソフトウェアを利用した分析の知識や技術なども習得している専門医が常駐しているので安心出来ますが、町の総合歯科クリニックにそこまでの設備や技術や知識を期待するのは難しく、大きな歯科クリニックが自宅の近くにない場合、専門医のいるクリニックで治療を受けることができる体制がないといったことになります。
日本の歯科医の分業制が進めばこの辺りの状況が改善されるのではと、インプラントについて調べている時に感じました。
特に、私の治療を担当した歯科医の先生によると、設備を導入できてもすべての機器に対する知識を備え、そのデータを治療に役立てる事ができる知識を持つことは大変で、一人の人がすべてをこなすのは正直難しいですと話していました。
歯科医の分業制が進むか大規模なクリニックが一定数増えていくことが必要です。
インプラントを選択するに当たって、私自身も多くの情報を集め分析して判断しました。
治療を行う歯科医の選択を間違ってしまうと、望んだ結果を得られないばかりでなく、状況がかえって悪くなってしまうこともあります。
友人の一人は治療の結果が思わしくなく、結局、別のクリニックで治療をやり直してもらう事になりました。
クリニック選びがいかに大切かと痛感しました。
設備が整い専門医の治療があるクリニックを選ぶことが、治療を成功させる必須条件です。
治療がうまくいくとこれほど生活が改善される治療もないので、十分に情報を集めて慎重にクリニックを選ぶことをおすすめします。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.