インプラント画像

インプラントにするか入れ歯にするか

最近歯の状態があまりよくないので歯医者へ通っています。
かなり状態が悪いらしく先生と歯の治療方法についていろいろと相談したところ結論としては歯を抜かないといけないとの結果に至りました。
そこで歯を抜いた後の処置をどの様にするかとのことで先生より提案があったのです。
それは入れ歯をするかインプラントという処置を行うかということでした。
インプラントという言葉はその時初めて聞いた処置方法でした。
興味もあったためインプラントについて詳しく聞いてみることにしました。
インプラント治療とは人工歯根をあごの骨に埋め込み、その上に天然の歯とほとんど変わらない見た目の人工の歯を入れます。
詳しい構造としてはまず人工歯根をあごの骨に埋めるため手術が必要です。
人工歯根をその穴へ埋め込みそれが骨と結合したら、その上に人工の歯をかぶせるというのです。
何となく理解できましたが続けて費用の説明が始まりました。
インプラント治療は保険が適用されない自由診療のため費用は1本30万前後となるというのです。
実際には歯医者さんによりかなり異なるといわれましたが概ねそのくらいになるとのことです。
ただし保険適用で治療出来るブリッジ治療のように健康な歯を削る必要がなく、入れ歯のようにがたつきがないため自分の歯と同じように噛めます。
きちんとした手入れと定期的なメンテナンスを続ければその治療効果は半永久的に持続するとの先生はメリットを説明してくれました。
説明だけ聞くと値段も高額であり手術も必要とのことで結構大変な作業であるのだなとの思いがあります。
そこでこの際差し歯についても詳しく説明してもらうことにしました。
差し歯の治療工程としては歯肉の上に出ている歯冠部を全部あるいは一部をなくして同時に真剣の処置を行います。
そして金属あるいはプラスチックなどの土台を立てて土台の形成をします。
最後に型を取り、物と歯の形をした仮歯を入れて形を整えてできあがります。
つまり自分の歯の根の中に人工の土台がたち、その上に表面は歯の色、裏面は金属の冠がかぶさるというのです。
もちろん保険の適用がされますので費用はインプラントでの治療にくらべると当然安く出来ますが見た目や耐久性についてはインプラントの方が優れているそうです。
いろいろと初めてのことを教えて貰いどちらにするか本当に迷うところです。
それぞれ良いところはありますがやはり費用面での違いがかなりあるところから入れ歯の方が良いのかなと思いましたが、先生は治療に関してはじっくり検討するほうがよいので今すぐに決める必要はなく最終的にどうするのかを決めれば良いとのことでした。
また最初は入れ歯にしてみてそれで問題なく生活することが出来るのであればあえて高額な治療は行う必要もないと言ってくれました。
歯医者さんとすれば保険適用する治療より自由診療で行う方が当然利益も出るためすぐに高額治療を勧める歯医者さんが多い中非常に親切に説明してくれました。
歯の手入れを怠ってきたことがそもそもの問題であったのですが、今回の事をきっかけに改めて歯の大切さを知るきっかけになりました。
一生自分の歯で過ごすというのは本当に難しい事ですね。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.