インプラント画像

インプラント治療してもらいました

最近、歯が抜けてしまったので歯医者さんに行きました。
そこで、抜けた歯の部分をどうするか先生に相談すると従来の差し歯やブリッジという方法ではなくインプラントという治療法を勧められました。
インプラントとは、歯を虫歯や歯周病、外傷などで失った場合に、人工の歯が外れてこないように、歯の根を顎の骨に埋め込んでそこに人工の歯を取り付ける治療法です。
従来の差し歯や入れ歯、ブリッジなどの方法だと周辺の歯に大きな負担をかけてしまうために、今残っている自分の歯の寿命を少なからず縮めてしまうというデメリットがありました。
しかし、インプラントは直接顎の骨に人工の歯を固定するので周りの歯に負担をかけることなく、ガタつきのない歯のかみ合わせを取り戻すことができる方法だと説明を受けました。
今までは歯を失った時に、従来の方法で治療してもらっていたので正直不安でどうしようか決めかねていました。
また、この治療法は健康保険適用外なので費用が全額自己負担になってしまうという問題もありました。
治療してもらうかどうか悩みましたが、最終的にお願いすることにしました。
決め手となったのは、やはりこれ以上周りの健康な歯に負担をかけて悪くさせたくないということが第一の理由でした。
それと、信頼の置ける最新の治療技術に定評がある歯医者さんであること、さらにインプラントすることによってしっかりとケアしていけば半永久的に機能していくということなので思い切って治療をお願いすることにしました。
数回の歯科治療と歯の状態などを調べてもらってから手術となりました。
手術内容としては、歯の値に相当する部分にインプラントの部品を顎の骨に埋め込む作業となりました。
手術前にレントゲン写真をとって先生と一緒に、最終確認を行って注意事項などの説明を受けました。
そして、麻酔をしてもらって手術してもらうと30分ほどで完了しました。
もう少し大変な手術になるのかと想像していましたが、意外と簡単にスピーディーだったので安心しました。
術後も大きな腫れやアザ、痛みなどもほとんどありませんでした。
これは、手術してくださった先生が優秀だったことと、薬を処方してくれたおかげだと思います。
そのあと消毒などをしてもらって、抜歯をしてもらいました。
さらにそのあと、インプラントにはめ込む歯の型取りをしてもらって人工の歯を作って貰い後日はめ込んでもらいました。
歯を差し込んだあとは、かみ合わせの調整です。
かみ合わせの調整は何度となく繰り返しおこなわれて微調整をしてくれました。
ここで治療はひと段落、仕上がりは非常に満足のいくもので、全く違和感のない出来でした。
そして、今後のメンテナンスについて先生から説明を受けました。
まず定期的にメンテナンスに通ってもらうということです。
そうすることで10年以上機能が損なわれることなく持続するということです。
保証期間も長期間設けられていて、しっかりとメンテナンスに通うことで保証期間内なら不具合があれば何度でも無料で治療してくれるということ。
安い治療法とはいえないので、こういった保証があると安心です。
また、インプラントした歯以外のメンテナンスについても半年に一度は定期検査して歯の健康の維持に務めるようにも指導してくれました。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.