インプラント画像

インプラント治療に必要な一連の流れ

これまで欠損歯の治療にはブリッジを使用していました。
しかしながら、今回、新たに歯を失ってしまった際にはインプラント治療を用いて、欠損歯を補いました。
このインプラント治療を選択した理由には、ブリッジによる治療の持つ短所があります。
ブリッジという治療方法は、欠損した歯の両隣の歯を削って、そこに義歯をかぶせて固定する方法です。
この治療法ではしっかりと固定されるため、天然歯と比べ噛み心地に違和感を感じにくいという特徴があります。
この治療では抜けた歯に被せる部品を作成しセットする必要があり、一本の歯を失った場合では、三つの歯を作成する事が必要です。
そして、このブリッジという治療法が適用されるのは、欠損した歯の両隣が丈夫である事が条件で、数本の歯が欠損した場合でも用いられます。
しかしながら、このブリッジによる治療を選択する上では、欠損した歯の両隣の健康な歯を大きく削らなければいけないというポイントがあります。
その為に、健康な歯にも大きな負荷がかかることもあるために、残存している健康な歯の寿命が短くなってしまう傾向があります。
それ故に、今回の欠損歯を補う治療では、インプラント治療を選択して、これらのブリッジによる健康な歯への悪影響を回避して治療を受ける事にしました。
このインプラント治療を受ける際には、予めこの治療に必要となる一連の流れを把握しておく必要があります。
このような一連の工程を知っておく事で、スムーズに治療を受ける事が出来ます。
ここではインプラント治療に必要な一連の流れについてお話致します。
先ず最初に、この治療では欠損歯の数、人工歯根を埋め込む骨の硬さや位置などの条件により、治療法や治療機関が大きく異なってきます。
この治療では予め入念なカウンセリングが必要になり、担当のドクターが口腔内の状況を診る事に加え、レントゲンなどを用いて多角的に治療に必要な情報を集め、効果的な治療の方法を決めていきます。
この治療法では外科的な手術を用いて歯茎を切開し、顎の骨に穴を開け、人工歯根を埋め込む事が必要になります。
顎の骨を削る際には、麻酔を使用するので、治療中に痛みを感じることはありません。
又、この手術後は、約半年程度の期間をおき、人工歯根が骨と結合するのを待ちます。
人工歯根は骨と上手く結合する性質を持っている為に、この結合を確認した後に次の工程に移行します。
そして、骨と人工歯根が結合し、歯の根の土台が安定した後に、人工歯根の先端部分に人工の歯冠と連結部分の部品を装着する事になります。
この段階では歯が完全に回復するまで、通常数週間の時間をおきます。
そして、歯茎が治った際に、歯の型を取り、本格的な上部の歯冠を作ります。
この歯冠は好みによって色や形を決める事ができ、他の歯とのバランスや、色調などに合わせて素材を選択して製作します。
そして最後に、この治療では定期的なメンテナンスが必要になります。
人工歯根の状態を良好に保ち、長期的に使用するためには、歯科医院での定期的なメンテナンスが欠かせないのです。
このようにインプラント治療を受ける際には、予めこれらのポイントを把握しておく必要があります。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.