インプラント画像

他の治療方法には無いインプラント治療のメリット

私が歯を失ってしまった際、最も重視した治療に関するポイントは、長期的に使える治療方法ということです。
その点を考慮したときに、最適な選択肢であったのがインプラント治療です。
欠損歯を補う治療にはブリッジや入れ歯などの治療もありますが。
これらの治療方法と比較して、この人工歯根を埋め込むインプラント治療には様々な利点があります。
ここでは他の治療方法には無いインプラント治療のメリットについてお話致します。
先ず最初に、長期的な使用を考慮した際、人工歯根を埋め込む治療の場合、適切な定期的メインテナンス、毎日のお口のケアなどで十年以上の継続使用ができます。
しかしながら、ブリッジによる欠損歯の治療では、土台となる歯に虫歯や歯周病などの問題が生じた場合は、継続して使用する事が困難になります。
又、ブリッジによる治療では、被せ物に問題が生じた場合、そのセメントが流れ出てしまったり、被せ物の破損などで再度治療が必要になる事があります。
それ故に、より優れた耐久性を望む場合は、インプラント治療が効果的なのです。
又、入れ歯による欠損歯の治療は、顎の骨、歯茎、その周囲にある筋肉などにトラブルが起きやすくなります。
そして、入れ歯に問題が生じた場合などは、噛み合わせですり減ってしまったり、入れ歯の留め金の部分が破損してしまうことも多くあります。
それ故に、この治療法は耐久性を考慮した時には最適な選択肢とは成りません。
これら治療法による寿命を考慮した場合には、人工歯根を埋め込む外科的な治療を受ける事が最も優れた治療法となります。
次に、治療の安全性の高さからも、この人工歯根を埋め込む治療は最適な選択肢となります。
私の場合は、この人工歯根を埋め込む外科的な治療に不安がありましたが、この治療法は非常に安全性の高いものであり、身体への負担や痛みを低減して治療を受ける事が可能であることを理解した為に、この治療法を選択しました。
インプラント治療は、顎の骨に穴を開け、チタン製の金属のネジを顎の骨に埋め込むという手術が必要になります。
しかしながら、この手術では、局所麻酔をして治療が行われます。
この治療を行う歯科医院によっては、痛みに抵抗を感じる患者様に対し、複数の麻酔を使用して、 安らかな状態で手術を受けることも可能です。
それ故に、この手術中も痛みを感じることはありません。
又、この手術後の痛みも、治療内容や治療箇所による差はありますが、抜歯の治療を受けた時と同じ程度でした。
その為、この手術のために入院する必要もなく、手術の翌日から仕事にも通常通り出勤できました。
そして、安全性を考えた上でもこの治療は優れており、この人工歯根は骨折したときの整形外科での治療に使用されるボルトと同じ素材である為に、安心して治療を受けることが出来ます。
このチタンという金属は身体と親和性の高い素材で、金属アレルギーなども起こりにくく、人体とうまく調和する素材です。
そして、治療後に適切なメンテナンスを定期的に受けることが出来るのであれば、長期的にその機能を維持することも可能なのです。
このような多種多様なメリットを考慮した上で、私は欠損歯の治療にインプラント治療を選びました。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.