インプラント画像

インプラント治療の歯医者の選び方

インプラント治療、高いですよね。
私も40後半にして手を出さざるをえない状況になりました。
子供の頃に田舎の歯医者さんで荒い治療をうけ、その影響で入れ歯では厳しいのでインプラントをおすすめされました。
そこでびっくり、なんと1本50万程度すると言われました。
子供の頃から言われてきた「歯を大事にしろ」の意味がひしひしと伝わってきます。
インプラントがどのようなものかと言いますと、抜けた(抜いた)歯のスキマにに、穴を開け、あごの骨に埋め込み、人口の歯をつけるというものです。
しかし、このあごの骨に埋める時、インプラントは個人に特注したものでなければなりません。
あごの形、口の形などは人それぞれですので、定型のインプラントだと違和感が生まれてしまいますね。
ここで歯に埋めたインプラントは、埋めたその時から長い間自分の歯として付き合っていくことになります。
その歯が噛み合わせが悪かったり、歯磨きし辛かったりしたらとても不快です。
さらに、あまり上手ではない歯医者さんに手術などを頼んでしまった場合が大変です。
以下知り合いの体験談になります。
・硬いものが食べれない、噛んだら非常に痛い。
・少し噛んだだけで血が出てくる。
といったように、とても辛いものとなります。
この知り合いはそのうち慣れるなどといわれて2週間程度我慢したらしいですが、一向に慣れないので別の歯医者さんに頼んだそうです。
選び方はとても重要なのがわかると思います。
「インプラントを選ぶこと」ではなく、「治療の手術をする人を選ぶこと」を書いていきたいと思います。
では、治療する人を選ぶことについて書かせていただきます。
まず、わかるとは思いますが、「ただ安い」で選んでしまうのは当然タブーです。
前述した通り、長い間付き合っていくものなので、「安いから」で選ぶのはとても安直、危険です。
ならば高ければいいのか。
いいえ、違います。
値段が高いから手術が上手い、質が良い、などということはありません。
では何を見れば良いのか。
歯医者さんを選ぶにあたって、まずは手術に関して相談をしてみましょう。
この時、専門用語などが出てきて、わからなくなるようならわかるように説明してもらいましょう。
自分が納得いってないまま手術に臨んでも失敗する確率が高くなるだけです。
説明してもらう時に注意して聞くところは「どのような治療をしてもらえるか」です。
前述した通り、あごの骨の形に合わせたりするので、精密検査などは必ずやります。
精密検査の後、特注品が専門的な場所で作られることになります。
そしてその後手術、といった形になります。
基本ですが、この中のどれかが抜けていたら危険です。
失敗に対する保険、補償などがあるかも聞いておきましょう。
万一に失敗された場合に対応できるようにしておかないと自分の歯を壊しかねません。
補償ができないところは危険ですのでおすすめできません。
長々と書きましたが、より安全でスマートな方法も存在します。
それは専門医師、専門資格を持っている人に頼むことです。
簡単なことですが、これが一番信頼できます。
ですが、油断しないでください。
しっかりと説明を聞き、納得することは忘れないでください。
これが大事になります。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.