インプラント画像

欠損歯を補うインプラント治療の様々な特徴

近年、欠損歯を補う治療法には幾つかの方法がありますが、最も天然歯に近い歯の機能を再現できる治療方法はインプラント治療です。
私はこの治療法で失ってしまった歯を治療しました。
歯を失ってしまいそのままにしておくと、歯のすき間が広がり、咀嚼する力が低下したり、虫歯になりやすい状態がつくり出されてしまいます。
私の場合は、失った歯の両隣の歯が徐々に傾いてきてしまい、歯列に大きな狂いが生じました。
その為、この欠損歯を補う治療としてインプラント治療を選択しました。
ここでは優れたインプラント治療の特徴についてお話いたします。
先ず最初に、この治療法は、失った歯の部分に金属製の人工歯根を埋め込んで、天然歯の時と同じ様にその機能や見た目を再現する治療方法のことです。
失った歯の部分のみを治療しますので、他の治療方法のように周囲の健康な歯に負担をかけることがありません。
そして、これまでの健康な歯と同じような機能を果たし、噛む力を均等に分散させ、残っている歯を守ることにつながります。
入れ歯による欠損歯の治療では、食べ物の咀嚼が上手く出来なくなったりする方が多くいます。
食事が上手く出来ない事は、精神的な負担も大変大きなものになります。
入れ歯による治療では、食事の際に歯茎との間に食べ物が挟まることを気にして、硬い物が食べれなくなってしまいます。
又、歯ごたえのある粘着するような食材などは入れ歯にくっついてしまい、入れ歯が外れてしまいます。
その為、インプラント治療はこのような問題を改善する事ができる非常に優れた治療法なのです。
次に、この治療で顎の骨に埋め入れる人工歯根の素材にはチタンが採用されています。
チタンという金属は非常に優れた性質を持っており、歯の治療に適しています。
この素材は金属アレルギーがでにくく、身体に対して悪影響を及ぼしにくいという優れた特徴があります。
又、この金属は耐久性に優れ軽いため、長期的に使用できます。
又、この人工歯根の素材は腐食しにくく、酸などに対しても高い耐食性を誇ります。
それ故に、天然歯と同じ様な歯の機能を取り戻すためには最適な素材なのです。
このチタンという金属は人工歯根だけではなく、整形外科や外科などでも使用され、大変活用範囲の広いものとなっています。
そして、この治療には様々なメリットがあります。
入れ歯の場合は、噛みづらい、発音に違和感を感じる、義歯が不潔になりやすいといった問題がありますが、この人工歯根を用いる治療はこれらのトラブルを改善する事が出来ます。
又、失った歯の両隣を削るブリッジなどでも治療は可能ですが、健全な歯を削るような治療方法はしたく無い方は、この治療が適しています。
この治療では歯の抜けた所に人工歯根を植え込みますので、その他の歯にダメージを与える必要がありません。
入れ歯の不快感は避けたい、健康な歯にダメージを与えたくないなどのトラブルでお悩みの方も、この治療では問題を解決することができます。
このようにインプラント治療は欠損歯を補う事の出来る優れた治療法です。
他の治療方法で発生してしまう様々な不具合を解消し治療を行う事が出来ます。
それ故に、このようなトラブルを回避し治療を受けたい方には最適な治療法です。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.