インプラント画像

インプラントの特徴やメリットについて

何らかの事故や、年齢を重ねたことによって歯が抜けてしまった場合、変わりの歯を作る必要があります。
その種類としては、部分入れ歯やブリッジなどの治療法があります。
ですが、それらの方法にはいくつかのデメリットがあります。
例えば、部分入れ歯であれば見かけがきれいではありません。
針金が丸出しになっている状態なので、見ればすぐに入れ歯をしていることがわかります。
そして、部分入れ歯の場合、隣にある歯を削ることなどもあります。
健康な歯でも削る必要があるのです。
せっかく健康を維持でていた歯を削ってしまうなど、大きなデメリットとしかいえません。
歯というのは、一度生え変わってからは一生付き合っていくものです。
ですので、大事にしなくてはいけないものなのです。
それを削ってしまうなどというのは、本当に大きなデメリットです。
そして、これはブリッジにもいえます。
ブリッジの場合でも、健康な歯を削る必要があるのです。
ですので、この二つの治療法では、大きなデメリットである、歯を毛図巣必要があるので、あまりおすすめされることはありません。
健康な歯の寿命を縮めるようなことは、出来るだけ避けなければいけません。
その点、インプラントはそのようなデメリットをおかす必要がありません。
つまり、インプラントであれば歯を削る必要がないので、健康な歯を維持したまま治療を受けることができるのです。
これだけでも、大きなメリットがあるといえます。
ですので、実際にこの施術中から一つを選ぶときには、私はこの方法を選択しました。
歯を削らないというところと、他の特徴からも考えて選びました。
では、インプラントはどのようなものなのかについて説明します。
インプラントは、歯茎に直接専門のネジを入れます。
そのネジの上に、人工の歯を接着します。
ですので、見た目にもインプラントを行っていることがわかりません。
周りから見ても、自然な歯と変わりがないように見えるほど、美しい仕上がりになります。
部分入れ歯のように針金を使うことがないので、とてもきれいに仕上がるのです。
そして、違和感を感じることもありません。
ものを食べるときには、自分の歯となんら変わりを感じることもなく、咀嚼することができるのです。
これには、驚きました。
違和感があるものとして考えていたのですが、違和感は全然というほどに感じることがなかったからです。
部分入れ歯などを行っていた場合は、ものを食べるときに痛みを感じることもあるそうです。
ですが、それらの違和感も痛みも、感じることがありませんでした。
食事というのは、人が生きていくうえで欠かせないものです。
それを苦痛を伴いながら行うというのは、できるだけ遠慮したいものです。
そして、インプラントは咀嚼能力も高いです。
違和感を感じることがなかったというところからもわかるように、硬いものを食べることも出来ます。
自分の歯と同じような感覚で食事をすることが出来るのは、大きなメリットです。
そして、適切なケアを行うことで、長く使うことができます。
自然な歯と同じです。
そして、もしも人工の歯が抜け落ちるようなことがあっても、すぐに付けることができます。
土台はあるので、付けなおすのは簡単です。
このようにインプラントにはメリットがたくさんあります。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.