インプラント画像

サイナスリフトとは?

インプラントの治療法は、日々進化し続けています。
インプラントは費用さえ用意できたら、どんな状態でも施術できると思われがちです。
実際のところは、インプラントがしやすい場所としにくい場所があります。

下の歯に比べて、上の歯の方がインプラント治療が難しくなる場合もあります。
なぜなら上の歯の場合、頬骨のところに上顎洞という空洞があります。
その空洞の粘膜が、インプラントを差し込む歯槽骨のすぐ近くにあるからです。
歯槽骨から上顎洞までの長さが5ミリ以上ない場合に、サイナスリフトという方法をとります。

同じインプラント治療でも、サイナスリフトという方法の場合、治療への時間が長くなります。
さらに手術の難易度もとても高いので、医師の技術の高さが求められる方法になります。

どのような手術内容で、時間がなぜかかるのかを説明したいと思います。
手術内容は、まずインプラント体を差し込むだけの長さの確保をしなければいけません。
5ミリ以上の長さがない為、上顎洞の側面の骨をけずっていきます。
この時に上顎洞の周りにある、薄い膜があります。
その膜を破らないように慎重に、骨を削らなくてはいけません。
この時の手術がとても技術がいるといわれています。

膜のところまでたどり着いたら、今度は骨とその膜をはがしていく作業をします。
骨と膜をはがして、膜を上に押し上げて空間を作る必要があります。
その出来上がった空間に、骨を形成する成分を流し込んでいきます。
その成分が時間の経過とともに、自分の骨と結合していきます。
この成分が自分の骨に代わるまでに、およそ半年ぐらいの時間がかかります。
それまでは、インプラント体を差し込むことができません。
なので治療期間がその分、伸びてしまいます。

よってサイナスリフトという方法で、インプラントを差し込むだけの長さが十分確保されます。
そのあとは、通常のインプラントと同じ方法で、治療が行われていきます。

サイナスリフトは、インプラント専門の医師でも成功率が80パーセントから100パーセントといわれています。
それだけ難易度が高い施術方法となります。
もし事前診断でサイナスリフトの治療が必要だとわかった場合、信頼して受けれる病院であるか判断しましょう。
また上顎洞の骨をけずる際、最新のピエゾという機械を使って細かい単位で慎重に削ることもできます。
より正確に行うことができるので、こういった最新機器のある病院かどうかも見極めるポイントの一つになります。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.