インプラント画像

ソケットリフト(オステオトーム)とは?

インプラントは、現在の歯の治療法として日々進化し続けています。
インプラントとは、抜歯した歯の部分に残っている歯槽骨にインプラント体を埋め込みます。
直接骨と結び付く為、ある程度の深さと骨の厚みが必要になります。

インプラントは場所によっても、インプラントの治療が難しいとされている所があります。
例えば、下の歯と上の歯の場合、通常のインプラントが行いやすいのは、下の歯になります。
上の歯の場合は、特に奥歯以外に関しては、頬骨の中が空洞になっています。
その空洞は、上顎洞と呼ばれています。
個人差がありますが、歯槽骨にインプラントを差し込む際に、上顎洞の粘膜より手前で埋めきらなければいけません。
しかし、歯茎が痩せてしまっていたり、骨が弱っている場合は、インプラントを差し込む深さが確保できない場合があります。
以前ではこのような場合は、インプラントによる治療をあきらめなくてはいけませんでした。

そのような患者さんであってもインプラント治療が受けられるように、技術が進みました。
その手段の一つとして、一番多く行われているのが、ソケットリフトという方法です。
別名オステオトームとも呼ばれています。

この方法は、抜歯した部分の歯茎を切開し、上顎洞の粘膜ギリギリまで専用のドリルで骨をけずっていきます。
そのあと骨を作り出すための物質を押し入れることで粘膜を押し上げて行きます。
押し広がった部分は、骨の成分が加わることで骨の厚みも増し、インプラントを差し込むことができるようになります。

このソケットリフトを行える条件として、歯槽骨から上顎洞まで最低でも5ミリ以上なければ施術できません。
5ミリ以下の場合に関しては、サイナスリフトというさらに高度な技術が必要となります。
ソケットリフトに関しても、手術を担当する医師の高い技術が必要になります。
上の歯のインプラントを考えている方は、特に長期間の治療になりやすいです。

病院選びから、医師との意思の疎通がきちんと行うことができる病院を探しましょう。
何より納得して、安心して施術を受けれることが一番大事です。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.