インプラント画像

上顎インプラントの最新技術

インプラントは歯の治療法の中で、第ニの永久歯とも言われるほど注目されています。
インプラントは、抜けた歯や変色した歯、歯茎の炎症によって抜歯しなくてはいけない場合など様々なです。
インプラントは手術ということもあり、CTや診断の結果によってはインプラントができない場合もありました。

例えば、インプラントも抜けてしまった歯の場所とその場所の歯茎の状態によって違ってきます。
抜けた歯が、上の歯と下の歯であれば、基本的には、下の歯の方の治療の方がしやすいといわれています。
それは何故かというと、上の部分には鼻の穴の空洞と頬の空洞があります。
ここれら空洞を、上顎洞と呼ばれています。
この部分があるため、インプラントを埋め込むにあたって深さが足りない場合は、インプラントの治療ができませんでした。

それが、上顎インプラントの最新技術によりインプラントが可能になりました。
上顎洞から歯槽骨までどのぐらいの長さがあるかによって、施術方法が決まってきます。

まず上顎洞から歯槽骨までの距離が5ミリ以上あった場合、オステオトームという方法を取られます。
この方法以外には上顎洞から歯槽骨までが5ミリ以下の場合は、サイナスリフトという方法があります。
サイナスリフトの場合は、インプラント体を埋め込むために足りない骨の部分を形成させる必要があります。
その為この方法をとった場合、骨が再度作られ固まるまでに、半年近く治療がかかることになります。
どちらの方法でも、医師の技術と最新の医療機器が設備されている病院でなければいけません。
難しい施術になるので、手術時間も長くなることが多いです。

特にサイナスリフトという方法をとられる場合は、医師の高い技術が必要になります。
なので治療法として行っている病院は限られてきます。
インプラントの治療実績が多い病院や、インプラント専門のクリニックもあります。
特殊な場合は、治療にも時間がかかりますので、安心して通うことができる病院を探しておきましょう。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.