インプラント画像

インプラントの構造

最近新しい歯の治療法として、確立しつつあるのがインプラントです。
見た目が天然の歯と見分けがつかないほどの、美しい歯を手にいれることができます。

また見た目だけでなく、あごの骨に埋め込む形の治療法になります。
なので、かむ力が衰えることなく丈夫な歯茎を手にいれることができます。
一番は、ストレスなく食事を楽しむことができるのが最大のメリットです。
このようなメリットからインプラントの施術を希望する人が増えてきています。
そもそもインプラントはどのような構造で作られているのでしょうか?
インプラントは大きく分けて、3つの部分がつながって形成されています。

まず一つ目は、人口の歯根部分です。
まず抜歯した部分の歯槽骨に埋め込むような形で、使用される物でインプラントの本体となる部分です。
素材は、チタン合金の物が多く使われています。
太さも4ミリで長さは1センチほどです。
チタン以外でも、HAインプラントなどもあります。

二つ目はアバットメント部分です。
人工の歯根部分の上の部分にとりつけられるものです。
このアバットメント部分が、歯の部分と人工歯根部分をくっつける為に必要な部分です。
素材は隠れる部分ということもあり、チタン製の物を使うことが多いです。
中には上層部の歯の部分をかぶせた時に、チタンの色が透けてしまうことがあります。
なので見た目にこだわる人は、セラミックのアバッチメントを選ぶ方もいます。

三つ目は、上層部のかぶせものの部分です。
インプラントの中で、歯として見える部分になります。
この歯の部分の素材も様々な種類があります。
一番多くの人が選ぶのがセラミックで、天然の歯に近い素材になっています。
歯医者さんによって、種類も豊富に取りそろえられているところもあります。
中でもオールセラミックは、金額的にも高額なものになり寄り上質な見た目になります。
他にもジルコニアなどの素材を扱っている、歯医者さんもあります。

インプラントの構造は、この三つの部分が一つになったものを指します。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.