インプラント画像

材料、治療プランによる治療費の違い

インプラントは、保険対象外の治療法になります。
なので、費用が高額になります。
ただしその費用に関しては、選んだ材料や治療プランによって大きく異なってきます。

材質部分に関しては、土台となる人工歯根にも大きく分けて二種類あります。
一つはチタン製の物、もう一つはHAインプラントの二種類になります。
ほとんどの方がチタン製の物を選ぶことが多いです。
しかし事前の診断によって、糖尿病や骨粗鬆症の人には、骨を増やす働きのあるHAインプラントを使用する場合があります。
費用は、チタン製に比べて、平均的に5万前後高くなります。

次に上層部の土台となる物も、材質によって異なります。
メタルの土台かセラミック素材の土台のどちらかが多いです。
歯の色目によっては、土台のメタリックの部分が薄く見えることもあります。
完全に見た目にこだわる人は、中の素材もセラミックにすることで、より天然の歯に近づきます。
メタリックにに比べて費用は、平均的に3万ほど高くなります。

最後に一番金額の変動があるのが、上層部分です。
上層部に関しては大きく分けて、金属の物と歯の色目に近いものに分かれます。
金属は主に、奥歯などに使用されます。
費用はゴールド冠で平均的に7万前後です。
金パラジウム冠で平均的に5万前後になります。

天然の歯に近い見た目にする方法は、おもに三種類になります。
一つ目は、ハイブリット冠でプラスティック樹脂で作られた物です。
一本あたり6万円で一番安いものになります。
二つ目は、セラミック冠です。1本当たり9万円ぐらいになります。
一番多くの人が選んでいるかぶせものになります。
三つ目は、オールセラミックです。
一番見た目にもこだわり、キレイな仕上がりになります。1本当たり12万ぐらいになります。
オールセラミックの場合は、土台もセラミックになるのでその差額も上乗せになることを忘れてはいけません。

次に治療プランによる費用の違いです。
歯茎や口の状態によっては、インプラントと同時に歯茎の治療を行わなくてはいけない場合もあります。
また高度なインプラント治療が必要な場合も、費用が上乗せになってきます。
この場合はインプラントにする限り、避けてとおれない治療費となります。

それ以外では、複数の歯が抜けてしまっている場合は費用の違いが出てきます。
例えば、4本歯が抜けてしまっている場合、4本ともインプラント治療しそれぞれ上層部をつけると4本分の手術代がかかります。
このパターンが、一番高額の治療プランです。
他にはインプラントの埋め込みを2本にしてそれに合わせた上層部をつく方法が、一番安く治療できます。
このほかにも施術の方法や、治療に使う薬品、治療期間によっても治療費の差が出てきます。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.