インプラント画像

写真で見る治療例

現在歯の治療に関して、様々な方法が増えより進化してきています。
中でも注目を浴びているのが、インプラントいう方法です。

歯の治療に関しては、長期期間かかってきますので、どのような治療法なのかは気になりますよね。
でも実際治療中に、自分の歯の状態を見ることは難しいですよね。
できれは、治療する前にどのような形で治療されるのか知っておきたいと思います。
そうすることで、事前に治療への不安感もなくなっていきます。
さらに治療法も理解できるので、治療期間が長くても今後の予定などが立てやすくなります。

一番納得いく治療例を知る為には、やはり過去の治療例を写真で見るのが1番ではないでしょうか?
インプラントを受けた人の中には、様々な要因があって決断した人が多いです。
虫歯だけでなく、重度の歯周病による歯の欠如、歯の変色による抜歯など理由は様々です。

基本的なインプラントの治療法は、抜歯した部分にチタン製の人工歯根をあごの骨の部分に結びつけます。
ですが治療していくと同時に、歯茎の状態やCTなどで歯の内部の炎症などもでてくる場合もあります。
治療法をすることで、歯茎の状態がどれだけ変わったかが写真ではよくわかります。

インプラントの場合は、歯がない状態の写真を見ることになるので、衝撃的な写真かもしれません。
写真を見て驚いて、治療をためらう方もいるかもしれません。
しかし、インプラント治療後の写真を見ると、どの歯がインプラントなのかわからないぐらいの仕上がりです。
他の治療法では、ここまで自然な仕上がりも見られないと思います。
治療中は、自分の歯の状態が見えないことが多いからこそ、写真などで治療例をしっかり知っておくことが大事です。

一見写真で見る治療法では、インプラントのはばかりに目がいってしまいがちです。
しかしインプラント治療によって、治療前と治療後では歯茎の状態がとてもよくなっていることが多いです。
それはインプラントによってしっかりと噛む力がついて、歯茎が鍛えられている証拠です。

インプラントは見た目だけでなく、口の中の健康状態を保っていると写真で治療例をみるとよくわかります。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.