インプラント画像

インプラントと義歯の差は?

現在、歯の治療に関して様々な選択肢が増えてきています。
特に歯が抜けてしまった時の治療法は、年々進化してきています。
歯が抜けてしまった場合、昔から行われている方法は義歯という方法でした。
そしてここ近年において、第ニの永久歯として注目されているのがインプラントという方法です。
この二つの治療法にはどのような違いがあるのでしょうか。
その違いを理解したうえで、自分に合った治療法を選んでいきましょう。

まず義歯の治療法について説明したいと思います。
義歯は、破損した歯の状態によって、治療の方法が変わってきます。
大半の歯が破損してしまった場合は、総入れ歯又は部分入れ歯を使い治療します。
また1〜2本の場合は、隣の歯にバネや金具でひっかけるような義歯もあります。
すべてに共通して言えることは、歯茎の上にかぶさるような形の治療法だということです。

義歯のメリットとしては、保険適用内の治療法になるので、治療費が安く済み、治療期間も短くて済みます。
また取り外しが自分でできるので、義歯と残った歯の間に汚れなどを取り外すことで丁寧に手入れすることができます。
治療に関しても歯をあまり削ることなく、手術も必要ではないので体への負担が少なくて済みます。

逆にデメリットは、義歯の種類によっては保険適用外になることもあります。
義歯の場合は歯茎の上に乗っている状態なので、かみ合わせの問題や噛む力が弱くなってしまいます。
また見た目でも、義歯を支える為のバネなどが見えてしまうことがあります。

今注目を浴びているインプラントは、どのような治療法で、義歯とはどんな違いがあるのでしょうか?
義歯との一番の違いは、歯茎の中にある骨の部分とつながっているということです。

メリットとしては、骨の部分にチタン製の人工歯根が当たるように治療されるため、他の残っている歯と同じように噛むことができます。
なので義歯とは違い、噛む力が弱まることはありません。
見た目に関しても、他の天然の歯とほとんど違いがなく、自然な仕上がりになっています。
見た目や歯の健康の維持を考えると、インプラントの方が治療法としては望ましい方法だといえます。

デメリットとしては、治療費が保険適用外であるということです。
一本あたり30万ぐらいの治療がかかってしまうことです。
他には、外科手術という形になるので体力的に負担がかかり、治療期間も4ヶ月〜半年以上かかることもあります。

それぞれの治療法の特徴をとらえていくと、治療法、治療費、治療期間など大きな違いがあります。
歯の治療は、食に対して大きな影響を与えます。
よいより治療法を選ぶことで、快適な日常生活を送ることができます。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 歯を大切に.com All Rights Reserved.